アラフォーOL、 夢クリニックで不妊治療の結果なんと一卵性の双子ちゃんを授かった!私の心の叫びや不安などをアップしていきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

管理入院14日目 12/30(金)36w1d 

検温36.4  体重61.4
7:40  心音(1号2号頭位)  採尿1本
8:00  血圧104/71    朝食  マグラックス,テツクール,セルベックス1錠
9:30  心音
11:00  シャワー
12:00 血圧119/73   昼食  マグラックス,テツクール,セルベックス1錠
14:00  IN1950,OUT2000
14:20 心音
16:00 友達登場 プリンの差入れ
18:00 血圧122/79   夕食  マグラックス2錠,テツクール,セルベックス1錠
20:45 心音
22:00 消灯

お通じは一応あるものの
ガスがたまって腸がボコボコいって苦しい
病室に隣接してるトイレではゆっくりふんばれないので
少し離れたトイレへiPad持ち込んでこもることにした
便器に座りゲームに夢中になってると
突然 真っ暗になってびっくり‼
ひゃぁっっとあせって動いたらすぐ明るくなってホッ
センサー式の電気が消えちゃって怖かったぁ
ってか笑える‼

横になるとお腹のガスが噴火しそうなんだけど
病室のベッドじゃ…ってことで
夜ひとけのないソファで旦那にひざまくらしてもらい
1発2発3発…と豪快にぶっ放した
こんなことあっていいのだろうかと不安でもあるが
心の広い旦那に感
苦しかった張りもだいぶ楽になったわ

同室の一人が
早産の危機を乗り越え退院して行った
約1ヶ月間のベッド生活と点滴から
解放された足取りはとっても不安定で
このまま家に帰っても大丈夫なのかと心配になるが
お迎えに来た2歳になるお姉ちゃんの顔をみると
すっかりママにもどった感じ
家にいるとあれこれ何かと動いちゃうけど
ムリしないでねと再会誓ってバイバイ
ベッドが一つ空いただけで急にさみしくなったが
間もなく次の方が車椅子で点滴つけて運ばれて来た
この方もなにやら重症な妊婦さんのようです


不妊治療中は
妊娠するまで人それぞれだなとよく思っていたが
入院してからというもの
妊娠中の経過だったり陣痛やお産の様子だったりも
人によってほんとに様々なんだなぁと
つくづく思うのでありました
スポンサーサイト

【2010/12/31 07:43】 | 10ヶ月目
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。